脱毛 肌荒れ

脱毛で肌荒れしてしまったときの対処法

 

今おすすめの脱毛エステランキングも紹介しています!脱毛エステランキングページはこちら☆


 

 

しっかりとカウンセリングが行われるエステやクリニックと違い、自己処理の脱毛は何かと肌トラブルを招きやすいです。

 

ここでは、脱毛で肌トラブルが起こってしまった時の対処法を紹介します。

 

 

カサカサになる

 

脱毛後は肌が乾燥しがちです。少しのカサカサでも、放っておくと痒みが出てきたりシワになったりしてさらなるトラブルを招くおそれがあります。カサカサを感じたら、ならべく早いうちに保湿液を塗って悪化させないようにしましょう。

 

腫れる

 

毛抜きで無理やり抜いたり、脱毛クリームなどのアルカリ性の強い薬品を肌に塗ると、赤くなったり痛みを伴う腫れが出てくることがあります。そんなときは、濡れたタオルなどで冷やして炎症を抑えましょう。それでも痛みが続くようなら皮膚科を受診します。脱毛クリームなどの薬品を肌に塗る際は、広い範囲に塗る前に、手の甲などでパッチテストを行うなどして、自分の肌質に合っているか確認するようにしましょう。

 

やけど

 

家庭用脱毛器のレーザー脱毛では、黒い毛の色に反応してレーザーが反応しますが、肌が日焼けしていたりすると、その色にも反応して肌にまで強いレーザーが当たってしまい、火傷を負ってしまうことがあります。処理の後、ヒリヒリしたような痛みがあったり、しばらく時間を置いた後も一部だけ熱を感じているようであれば、火傷の可能性があるので、濡れたタオルなどで最低30分は冷やしましょう。その後はこすったりせず、刺激を与えないよう気を付けて下さい。

 

脱毛に限らず、カミソリでの除毛でもカサカサになったりヒリヒリしたりなどの肌トラブルは起こりえます。自分でムダ毛を処理する際は十分注意して、自分の肌に合ってないと感じたら、その処理方法は避けるようにしましょう。


脱毛するならここがおすすめ!
脱毛エステランキングをチェック☆